★ プライベートワークショップ : 補足 ★
このページでは、ワークショップについてもう少し詳しくお伝えしたい項目について説明しています
触診技術や治療技術の基礎は、頭蓋ワークショップで中でお伝えしており、このページで詳細を説明しています
1、頭蓋仙骨治療(クレニオ)ワークショップについて
1-1、当方の考えている頭蓋仙骨治療
当方のワークショップは、頭蓋仙骨と内臓マニュピレーションの2つのアイテムからなり、ともに少人数のクラスで、実技を中心にお伝えしていますが、基本は頭蓋仙骨になります。
この頭蓋仙骨ですが、巷には色々な考え方や捉え方があり、治療を指向したものからリラクゼーションを指向したものまで、かなりの幅がある様ですが、当方では治療的な頭蓋仙骨を指向しています。
以下、ワークショップでお伝えしている触診技術及び治療技術について説明します。
また、頭蓋仙骨治療には、物理的側面エネルギー的側面 がありますが、ここでは主に物理的側面についての説明になります。
私の考える (治療的な) 頭蓋仙骨治療とは、頭蓋骨を整えることで、頭蓋にまつわる具体的な愁訴の改善を意図したアプローチであり、リラクゼーションとは一線を画するものです。
では、頭蓋骨の愁訴を改善するアプローチとは、どの様なプロセスを指すのでしょうか?
先ず、頭蓋骨は23個の骨片が寄木細工のように組み合わされ、繊維性の組織でつながることで、擬似の球体を構成しており、このつなぎ目の可動性により、脳脊髄液の循環に伴い、頭蓋骨全体で呼吸の様な膨張・収縮の動きを繰り返しています。
右側の上下のイラストは、頭蓋骨の動きを矢印で誇張して表現することで、良好な状態と悪化した状態を比喩的に現しています。
右上のイラストはコンディションが良好な状態で、頭蓋骨全体が均一に気持ちよく膨張・収縮を繰り返しています。
それに対して右下のイラストはコンディションが悪化した状態で、つなぎめが滞り、膨張・収縮の動きが歪んだ動きとなっています。
(イラストの詳しい説明は、頭蓋仙骨治療T: 物理的側面 を参照下さい)
コンディションが良好な状態
寄木細工の様です
コンディションが悪化した状態
頭蓋骨が歪んでいます
ですので、滞ったつなぎめ(ダメージの部位)を正確に開放すれば、コンディションは回復に向かいます。
ここで、頭蓋骨の微細な膨張・収縮の動きからダメージを受けている部位を特定することが 触診技術 であり、そのダメージ部位の滞りを解放するために 治療技術 が必要になります。
そして、ここで用いる治療技術が、間接法 と呼ばれる具体的な技法になります。
1-2、頭蓋仙骨治療の触診技術
以上、頭蓋仙骨治療における、触診技術及び治療技術の概略をお伝えしました。
ここでは、頭蓋の触診技術について少し詳しくお伝えしましす。
先ず、頭蓋骨は、脳脊髄液の循環に伴って、1分間に10〜15回、動く量は0.01mm(ほぼ紙1枚の厚さ)程度の、膨張・収縮の動きを繰り返しており、この動きのことをクレニオ・リズム・インパルス、略してCRI と呼んでいます。
頭蓋仙骨治療で治療を意図したとき、その動きを安定して知覚できること、更にその0.01mmの動きの中に内在する歪みまでも、知覚できることが要求されます。
そして、得られた情報より、頭蓋骨のダメージの部位を出来るだけ正確に特定する必要があります。
以上が触診技術であり、ここまでがベース(土台)となり、次に治療を行います。
ここで注意すべきことは、特定されたダメージの位置がピント外れであると、外れた量に応じて治療効果は減少し、大きく外れると、当然ながら治療効果は殆んどありません。
・ピント外れによる、治療効果の減少
ピント外れが少しの場合、治療の直後は効果が出ていても、程なく戻ってしまう場合が多いのです。
逆に言いますと、頭蓋に限らず全ての治療で、戻りをゼロにするのは困難ですが、治療効果がすぐに効果が戻ってしまうのは、この様なメカニズムから来ていると考えられます。
ですので、一般論として、持続的な(すぐに戻ったりしない)治療効果を得るには、いかにダメージの位置を正確に掴むか、言い換えると、触診の正確さに依存していると考えています。
・触診技術を考えると、幾つかの要素があります
ここまで、触診技術の重要性についてお伝えして来ました。
触診につきましても色々な切り口があり、その内の1つに、『 物理的なタッチ 』と『 意識の持ち方 』 の2つの要素があり、物理的なタッチが、頭蓋の物理的な側面であり、意識の持ち方が、エネルギー的な側面とも言い換えることが出来ます。
そして、この両側面に共通する問題として『 患者に対する侵害 』 と言う難しい問題があります。
それは、情報を取りに行くことで、患者を侵害してしまう側面があるのです。
ルポライターが取材の過程で踏み込みすぎて、相手を侵害してしまうのと同様な感じでもあります。
触診に於ける侵害は、重要なテーマですので、ワークショップトピックで詳しく説明しています。
     ワークショップトピック > 侵害について 
・判りやすくお伝えすることを心がけています
これらの触診技術を、2009年より色々な方にお伝えして来ました。
簡単に出来てしまう方もいる反面、ベテランの治療家の方でかなり苦戦してしまうこともあり、案外全くの初心者の方が軽く出来てしまったりします。
一体何故なのでしょうか?、どの様なメカニズムでこの様な事が起きるのでしょうか?
ワークショップ自体が少人数のため、一人ひとりの状況を見ながら触診技術をお伝えするうちに、苦戦する場合の理由、原因が判って来ました。
この辺りに頭蓋仙骨治療の難しさ、と言いますか、触診技術の落とし穴がある様に思われます。
理由等につきましては、実際のワークショップで詳しくお伝えしますが、これらの問題に対して、理由とか原因を理解することで、より安定した触診になると考えています。
そして、長年開催を続けているうちにノウハウが蓄積され、現状では、参加者の半数以上の方が6回のワークショップの初回の3〜4時間で、膨張・収縮の動きを感じて頂けるケースが多いです、(^^)
1-3、頭蓋仙骨治療の治療技術
・頭蓋仙骨の治療技術:間接法
頭蓋骨への治療は、前のページでもお伝えしたように、『 間接法 』 と呼ばれる技法を用います。
間接法とは、『 組織の滞りやダメージに対して、軽い圧をかけて動き易い方向に動かし、可動域の端に軽く当てて待っていると治癒反応が誘発される 』 と言うものです。
この技法を頭蓋に適用するのですが、実際、頭皮を動かし易い方向に軽く動かし、軽い圧をかけているだけで頭蓋骨が緩みます。
この技法のメリットを以下に挙げます。
 ・ 軽い圧をかけるだけで十分であり、強い力を必要としない
 ・ 患者の身体的な負荷が少ない
 ・ 治療家にとっても身体的な負荷が少ない ( かなり重要で、メリットが多いです )
 ・ 全身の殆どの部位に適用が可能
 ・ テクニック的に不十分であっても、それなりに効果を出せる
・間接法を、主要なテーマの1つとして取り上げています
このように、頭蓋の治療では間接法を中心に使いますので、間接法が使えることは必須になります。
また、 間接法は、頭蓋仙骨に留まらずにオステオパシー全体でも中心的に使われており、前述の通り全身の殆どの部位に適用が可能です。
そこで、6回のワークショップの2回目は、間接法を中心テーマとして取り上げます。
・間接法を取り上げるにあたって
間接法は全身の殆どの部位に適用が可能とお伝えしましたが、大元のセオリーは共通なのですが夫々の部位に対しての使い方は若干異なって来ます。
そこで、患者の身体を、表層・浅層・中層・深層、の4つに分け、頭蓋骨への施術は、『 浅層に対する治療 』 となりますので、間接法をお伝えする時のエクササイズは頭蓋骨以外の浅層の部位とし、その部位で間接法による組織の開放を理解して頂き、頭蓋骨の治療に繋げる流れになっています。
この様な手順により、間接法は頭蓋骨のみを対象としたものでは無く、あくまで全身に適当可能な技法であり、その中の1つとして頭蓋骨に適用していることを理解して頂けると思います。
また、間接法は重要なテーマですので、ワークショップトピック で詳しく説明しています。
     ワークショップトピック > 間接法について
・頭蓋ワークショップと内臓ワークショップ
頭蓋ワークショップでは治療の対象が浅層となっているのに対して、内臓ワークショップでは、治療の対象である臓器は中層・深層となっています。
ですので、頭蓋ワークショップ、内臓ワークショップと順を追って参加して頂くことにより、浅層、中層、深層と段階的に学んで頂ける内容になっています。
1−4、頭蓋レベル1とレベル2の説明
・頭蓋仙骨治療レベル1
頭蓋仙骨治療レベル1は、1回目に頭蓋への触診技術の基礎を丁寧にお伝えします。
2回目は、間接法の使い方について、エクササイズを通して具体的にお伝えします。
ここで重要なことは、お伝えしたエクササイズを、次回の3回目までの間にご自分の臨床の場で患者に対して使ってみて頂くことにあります。
技術を習得する為には、ご自分の臨床の場で実際に使ってみることが最も効果的だからです。
このため、参加している方がどの様なスタイルの臨床の場を持っているかをお聞きして、それを参考にしてエクササイズを選択するようにしています。
3回目以降は、上記を踏まえた実際の頭蓋への施術を、厳選したエクササイズを通してお伝えします。
これらの中で、触診技術を習得する上で必要な、物理的な領域とエネルギー的な領域の関係についても、可能な限り具体的に言語化してお伝えします。
 ・頭蓋仙骨治療レベル2
レベル2では、頭蓋仙骨治療における、色々な細部のテクニックや、色々な症状に対するアプローチのヒントをお伝えすると同時に、より高度な間接法の使い方、直接法、中間法(膜バランステクニック:BMT)についてもお伝えします。
レベル1を終了し、臨床で実際に使っている方が参加の対象になります。
1−5、他の治療への応用
頭蓋骨は、CRI と呼ばれる微細な膨張・収縮の動きを繰り返しており、効果的な治療の為には、この動きの中に内在する歪みまでも知覚できる触診技術が要求されることをお伝えしました。
実は、この微細な閉じたり開いたりの動きは、頭蓋骨と同じメカニズム、同じタイミングで、全身の骨格系にも波及して起こっています。
具体的には、頭蓋骨が開いたり閉じたりする動きに伴って、骨盤も開いたり閉じたり、両手・両足も開いたり閉じたりする動きが、同じタイミングで起きています。
ですので、患者が仰向けの状態で足を触診することにより、足の開いたり閉じたりする動きに内在する歪みや乱れを知覚可能で、骨盤や足の歪み、更には全身の歪みまでも掴むことが出来ます。
この様な歪みの情報は、例えば、腰痛や足の痛みを治療する場合に於いても、すごく役に立ちます。
痛みの原因は、痛みの発生している患部以外のこの様な全身の歪みが、その1つとなっているケースがとても多いからです。
2、内臓マニュピレーションワークショップについて
頭蓋仙骨治療レベル1が、基本的な触診技術の習得と、間接法の理解にウェイトを置いているのに対し、内臓マニュピレーションは、もう少し広い範囲に対する触診技術、及び内臓の治療を題材にして間接法の応用を、厳選したエクササイズを通してお伝えします。
2−1、内臓マニュピレーションの触診技術
内臓ワークショップでは、臓器に対する 『 存在そのものの知覚 』 がテーマであり、それぞれある種のコツが必要になることは既にお伝えしました。
ワークショップでは、消化器系の弁(摂取された食物が消化中に逆流することを防止)、肝臓、腎臓、大腸、膀胱、生殖器、等々の『 存在 』 を触診で知覚するのですが、各々、掌の使い方、腕の角度や位置、患者に対する施術者のポジション取り、等々により、触診の精度にかなり差が出ます。
また、頭蓋の触診と同様に、どの様な意識で触診を行うかも重要な要素になります。
これらについて、少人数のメリットを活かして丁寧にお伝えします。
2−2、内臓マニュピレーションの治療技術
内臓マニュピレーションの場合、触診で内臓そのものの存在を精度良く知覚できれば、その後の治療はかなりスムーズになります。
具体的には、頭蓋仙骨と同様に間接法を適用するのですが、触診で知覚した状態を保って臓器を動かし、治癒反応の誘発を図ります。
この時、実際に各々の臓器を物理的に動かす為、やはり掌や腕の使い方、患者に対する施術者のポジション取り、等々がどこまで出来ているかにより治療効果に差が出ます。
これらを、一つ一つお伝えして行きますが、参加者が4人と言うメリットを活かして、参加者全員が講師のアプローチを受ける形で4回のデモンストレーションを行いながら講座を進めます。
特に内臓の場合、色々な組織を物理的に動かす治療のため、全員が講師のアプローチを経験できることは、大きなメリットになると考えています。
また、ペアを組んでの実習も、出来るだけ異なる3人の方と行えるように進めます。
2−3、6回の開催で、1つのテーマを複数回取り上げます
内臓マニュピレーションは頭蓋仙骨に比べて、各論的な色彩が強くなります。
そこで、各々の回で複数個のテーマを取り上げることにより、個々のテーマは合計6回の中で複数回取り上げられることになります。
言い換えますと、各回毎に1つのテーマを深く取り上げた場合、そのテーマは6回の中で1回しか出来ませんが、1つのテーマが複数回取り上げられ、間にご自分のフィールドで使ってみて頂くことで、確実な技術の習得を意図しています。
もし、臨床で使ってみて、上手く出来なかった時は、是非講師に質問して頂きたいと考えています。
1つのテーマを複数回取り上げる件は、当方の内臓マニュピレーションワークショップの特徴の1つで、各回で取り上げるなテーマ、全体の流れについて、以下に詳述しています、是非ご覧下さい。
  内臓マニュピレーションワークショップ >  3、各テーマを複数回取り上げます
2−4、その他
・施術者の意識について
頭蓋同様、内臓の場合も施術者の意識は治療効果を左右しますので、体験的に講座を進めます。
・層についてもお伝えします
頭蓋のところでもお伝えしましたが、頭蓋ワークショップが浅層を扱うのに対して、内臓は中層・深層への施術となり、この辺りの層の違いを対比的にお伝えすることで、一層の理解を意図しています。
・強いアプローチではありません
ここでお伝えする施術は、内臓マッサージ等の内臓に対する強いアプローチでありません。
内臓に対して間接法を用いて、やさしく治療反応を促すようなアプローチが中心になります。
・具体的な内容
内臓マニュピレーションワークショップでお伝えする施術の内容は、当方の行っている 内臓マニュピレーション に準じております、そちらのページも是非ご覧下さい。
・開催要件
開催要件等につきましては、 内臓マニュピレーションワークショップ を参照下さい。
 
3、講師
1999年10月より、吉祥寺の井の頭公園沿いのマンションの一室で、ロルフメソッド の施術者として、キャリアをスタートしました。
頭蓋仙骨治療 につきましては、マーク・カフェル、ジム・アッシャー、2004年よりトム・シェーバーに師事しました。
その様な中で、2009年よりプライベートワークショップとして頭蓋仙骨治療の講座を始めました。
また、2012年の秋より、カイロプラクティックの専門学校の卒後教育のクラスで、触診、及び治療技術について毎週1回の通年の授業で講師をしています。
自分で主宰しているワークショップとは趣がことなり、私にとっても多くの学びになっております。
因みに、大学では機械工学を専攻し、メーカーで10数年間機械 ( 工場等で使われる産業用の製造設備 ) の設計をしていました。
機械設計の実務に従事していた経験は、患者の身体全体に対する空間的な認識に、頭蓋仙骨治療に絞ると頭蓋骨を立体的且つメカニカルに認識する時の感覚として、期せずして役立っている感じもあります。
( プロフィール のページも参照下さい )