★アイダ・ロルフ博士 (1896〜1979)
アイダ P.ロルフ博士は、1896年、ニューヨークで生れました。
1916年に、バーナードカレッジを卒業し、1920年にコロンビア大学医学部において、生化学の博士号を取得しました。
その後10数年、ロックフェラー研究所に勤務しています。
この間、1927年頃には休暇をとり、スイスのテクニカルファール大学にて数学や原子物理学を、またジュネーブでホメオパシーを学んでいます。
1930年代、ヨーロッパから帰っての10年ほど、彼女は、彼女自身や家族の健康上の問題を解決すべく、医薬的な処置を模索しましたが、不十分だった様で、彼女の関心は、オステオパシー、カイロプラクティック、ヨガ、アレキサンダーテクニック、等に向かいました。
余談ですが、フェルデンクライス・メソッドを考え出したモーシェ・フェルデンクライスとアイダ・ロルフは親しい友人で、嬉しそうにお互いをけなし合っていたそうです。
ロルフ・メソッドがストラクチュアルインテグレーション(=構造統合)と呼ばれるのに対して、フェルデンクライス・メソッドはファンクショナルインテグレーション(=機能統合)と呼ばれ、哲学的に共通点を感じさせます。
二人の死後、アイダの遺品から、モーシェのパンツ一つの写真がたくさん見つかり、モーシェの弟子達にとって貴重な遺品となったそうです。
モーシェがアイダからたくさんのセッションを受けていた事が偲ばれます。
ともに天才どうし、余人にはうかがい知れない心の交流があったのでしょう。
1940年ころ、怪我でピアノが弾けなくなった音楽教師を回復させたのがきっかけで、『 筋肉を構造的に捉え、そのポジションを本来の場所に修正する 』と言うSIの概念が生まれ、その後1979年に亡くなるまでの約30年、このテクニックおよびトレーニング・プログラムの開発に専念しました。
この技術は、Structural Integration(構造統合)と名付けられ、1950年代初め頃に 『 レシピ 』 と呼ばれる、10回のセッションが形作られました。
1960年代には、フリッツ・パールズが中心となりゲシュタルトセラピーを研究していたエサレン研究所に招待され、SIの施術者およびインストラクターの教育を行ない、この頃から、アイダロルフ博士の名前をとって、ロルフィングと呼ばれるようになりました。
(現在、RolfingおよびRolferの名称は、Rolf Instituteの登録商標となっています。)
1967年頃、アイダ・ロルフ博士の意向により、ストラクチュアルインテグレーションの施術者の団体としてGSI(ギルド・フォー・ストラクチュアルインテグレーション)が結成され、1973年にはコロラド州のボルダーを本拠地としてRolf Institute(ロルフ研究所)に発展して行きました。
1989年、Rolf InstituteとGSIが分離独立し、現在、ボルダ−には、Rolf InstituteとGSIの2つのトレーニング機関が存在しています。
因みに、私はGSIでトレーニングを受け、セッションを行っています。
 ・ GSI のHP(英語)    http://rolfguild.org/
 ・ GSI の日本語HP    http://japan.rolfguild.org/
★ストラクチュアルインテグレーションとロルフィング
以上お伝えしたように、ロルフ研究所でこの技法を学び認定を受けると、ロルフィングであり施術者をロルファーと呼びます。
私はGSIで技法を学び認定を受けましたので、ストラクチュアルインテグレーションであり、(GSI認定の)SIプラクティショナーになります。
実際、私の10回のセッションが縁で、ロルフ研究所に学び、ロルファーとして活躍している方も幾人かいますし、これ以外のロルファーの方たちともお付き合いがあり、交換セッションを行なったり、同じワークショップにも度々参加しています。
このように、ギルド・フォー・ストラクチュアルインテグレーションとロルフ研究所は、同じコロラド州のボルダ−に本拠地をおき、アイダロルフ博士の残した10回のレシピよりなるロルフメソッドを伝えるべく現在も活動をつづけています。
ギルド・フォー・ストラクチュアルインテグレーションとロルフ研究所の違いですが、私の私見では、前者はアイダロルフの残したオーソドックスなレシピを、後者は時代に合わせるべく進化したレシピを、志向しているように感じられます。
表現を変えれば、原理主義と修正主義と言えるかも知れません。
ただ、提供される施術は、教育機関の違いと同時に、プラクティショナーの個人的なキャラクターも大きいような気がします。
私の提供しているロルフメソッドについては、以下をご参照下さい
ロルフメソッド・プラスとは?
ロルフメソッド・プラス概説:そのレシピについて
☆ セッションの受け方の説明は コチラ ☆
☆ セッションルームの場所(吉祥寺駅徒歩2分) ☆
ご質問、お問い合わせはお気軽に